都道府県から探す

妊婦の姿をヌード写真で残すのはあり?撮影方法は?

妊婦の姿を写真として残しておきたい、または残しておけば良かったと考える人は意外に多いです。
我が子が一番身近にいる期間を、大切な思い出として残しておきたいと考えるのは自然な発想でしょう。
その中にはヌードで撮影されたものもあります。
今回は、妊婦のヌード写真についてご紹介していきます。

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

芸能人や有名人が撮っている!

妊婦の姿をヌード写真として収めているケースは多くあります。
妊娠時の姿というものには、その時にしかない特有の美しさがあり、また記念や思い出としての意味合いもあり、
芸能人や有名人なども妊婦の姿でのヌード写真を披露しています。

代表的な芸能人として、歌手であればhitomiさんやMINMIさんが、タレントであれば神田うのさん、
女優であれば武田久美子さん、お笑い芸人であれば、山田花子さんも妊婦の姿をヌードで撮影しています。
また海外に目を向けてみますと、歌手のブリトニー・スピアーズさんなども妊婦の時にヌード写真を撮影しています。

マタニティヌードには記念や思い出という側面もありますが、妊婦の美しさという、芸術として披露する側面もあり、
国籍やジャンルを問わずさまざまな芸能人の方たちが妊婦の姿をヌード写真として残しているのです。

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

妊婦のヌードは炎上する?

妊婦のヌード写真の撮影を一般人に勧めることで炎上してしまった記事もあります。
これは、記事としてヌードを勧める根拠が薄弱であったことが原因で炎上したため、
妊婦のヌード撮影をすることに関しての炎上というわけではありませんが、
やはりヌードという性質上、扱いには注意しなければなりません。

妊婦のヌードをご自身の判断で撮影することはもちろん自由ですが、それをSNSなどで発信するとなると話はまた違ってきます。
妊婦のヌードに対して不快感を抱く人がいることも事実としてあるのです。

妊婦の象徴ともいえる、お腹の膨らみ部分のみを撮影しているものを見たことがある方もいるのではないでしょうか。
お腹の部分だけであっても、好意的に受け止める方もいれば、不快に思う方もいる可能性もあり、
自分だけの感覚で発信することは、トラブルを引き起こすことにもなりかねません。

したがって、周囲への配慮としても社会通念に照らして判断しても、
ヌード写真をSNS上などに掲載することは控えるべきでしょう。
基本的に妊婦のヌードは、あくまで本人、または家族のためのものであると考えるべきでしょう。

何のためにヌードを撮るの?

もちろん一般的なマタニティヌードに性的な意味合いはありません。
芸術的な観点からみた妊婦の美というものに着眼点はあります。

妊娠出産は人生において重要な意味を持つものです。
生命の誕生の過程を体現しているその姿は、とても美しくもあり、そして何より貴重な瞬間ではないでしょうか。
その貴重で重要な体験を記録として残すことは、自分自身の一つの財産にもなり得るのです。

妊婦だからこその丸みを帯びた曲線美は神秘的な美しさがあり、
そのボディラインを記憶だけではなく記録として残しておくことは、芸術的な美という観点からみても価値のあるものです。
人は必ず歳をとり衰えていきます。
その時の美しい自分というものを写真として残しておくという意味においても、将来の思い出の1ページとなるでしょう。

また、妊娠中は一番身近なお腹の中に我が子がいます。
母親と子供が一体になっていられる限られた時間を記念として残しておくことも、
思い出として大切なものになるのではないでしょうか。

妊婦のヌード写真の撮り方

ヌード写真を撮影する方法として一番手軽に行えるのは、ご自身で撮影する、
または、パートナーに撮影してもらうことでしょう。
ヌードを人に見られることに抵抗がある場合には、このような撮影方法が一番現実的ですし、何より経済的でもあります。

一眼レフなどの高機能なカメラを持っていなくても、
昨今のスマートフォンのカメラの画質であれば十分綺麗な写真を撮ることができますし、
三脚なども安価なものがたくさんありますので、手軽に撮影が可能です。
そこまで本格的なものを求めていないという場合や、ヌードを人に見せることに抵抗を感じている場合などは、
ご自身で工夫をして撮影してみるのも一つの選択肢でしょう。

また、プロのカメラマンに撮影してもらうという方法もあります。
実際にマタニティヌードを受け付けている写真家やフォトスタジオもありますので、
より本格的に撮影して残しておきたいのであれば、プロに任せてみましょう。

ご自身で撮影するよりも費用は掛かってしまうのがデメリットですが、
プロの技術によって、構図なども考えられた美しい写真を撮ってもらうことは、
やはりご自身での撮影とは一線を画す完成度になるでしょう。
したがって、完成度を重要視するのであればプロに任せるというのも選択肢の一つです。

マタニティフォトもある!

妊婦の姿を撮影するといっても、ヌードに抵抗のある方ももちろんいるでしょう。
あくまでご自身やご家族のために残すものですので、無理にヌードで撮影する必要は全くないのです。

マタニティフォトとは、その名の通り妊婦の姿を撮影することですが、ヌードではなく、服を着ての撮影になります。

やはり妊娠中の姿を撮影するため一般的にはお腹は出して撮影することが多いですが、
特に決まりがあるわけではなく、マタニティドレスなどを着て撮影しても問題はありません。

ヌードですと、どうしても周りの人にはみせづらいですが、マタニティフォトであればそのような心配はありません。
家族との幸せな一コマを友人たちにも楽しんでもらえます。

フォトスタジオへ撮影をお願いするのであれば、どういう風に撮影するかを決めることができるのはもちろん、
お一人で撮影することも可能ですし、お腹の赤ちゃんを含めた家族全員での記念撮影も可能です。
お腹の膨らみがはっきりとわかる8〜9ヶ月頃に撮影することが一般的です。

その際に、お腹に赤ちゃんへのメッセージを描く、家族の似顔絵を描くなどのベリーペイントをして撮影することもできます。
背景を含め特別な瞬間であることを表現できる環境での撮影は、
将来お子さんがいかに望まれて産まれてきたのかを伝える素敵な一枚になることでしょう。

妊婦の姿を写真に残してみよう!

ヌードにしてもマタニティフォトにしても、特に誰に見せる必要もないものですので、
深く考える必要はなく、思い出の一環として撮影してみるという気持ちで楽しんでみましょう。
妊娠という貴重な体験を記録として残して、
この時期にのみ表現できる神秘的な姿を撮影しておくのも良い思い出になるのではないでしょうか。

そして、お母さんのお腹で育まれている赤ちゃんと、まさに一体となって撮影するチャンスは妊娠中しかありません。

子供は日々成長していき、その一瞬一瞬を写真などに収めていくことになります。
その記念すべき最初の一枚として、ご自身のために、子供のために残しておきたいと思うのであれば、
妊娠という素晴らしい機会を写真に収めてみてはいかがでしょうか。

◆◇図書カードがもらえる♪マタニティフォトのポータルサイト【Mamany】◇◆

マタニティフォトの口コミポータルサイト「Mamany」

都道府県から探す

都道府県から探す


現在地からさがす